HOME > 教育方針・学びの特徴

教育方針・学びの特徴

 

教育方針

教育理念 Education Philosophy

生命の尊重と人間愛を基盤とした豊かな人間性を養い、看護の対象を全人的に理解して健康支援できる看護職者を育成する。 また、科学的根拠に基づいた専門知識・技術を修得することにより、社会の人々の健康向上に貢献できるとともに、看護を展望し、生涯学習のできる看護の実践者を育成する。

教育目的 Education Purposes

豊かな人間性と、看護に必要な基礎的知識・技術・態度を養い、社会における保健・医療・福祉の変化に対応できる看護の実践者を育成する。

教育目標 Education Objectives

  1. 生命に対する深い理解と倫理観を培い、対象の認識に寄り添うことのできる豊かな人間性を養う。
  2. 看護の対象である人間を全人的にとらえるとともに、生活者として理解できる能力を養う。
  3. 看護に必要な基礎的知識・技術を習得し、科学的根拠に基づいた看護を実践できる能力を養う。
  4. 保健医療チームの一員としての看護の役割と責任を自覚し、国際化・情報化を含めた社会の変化に対応できる能力を養う。
  5. 看護を実践する看護職者としての誇りと責任感を持ち、看護の向上を目指して自ら学び続ける能力を養う。

期待する卒業生像 Graduated Student

  1. 幅広い教養と倫理的態度を兼ね備え、常に何事にも誠実に対応し、人々の喜びや悲しみを分かち合える人間性豊かな看護職者。
  2. 看護の対象を全人的に理解する事ができ、看護実践に結びつける事のできる看護職者。
  3. 科学的思考に基づいた判断力・問題解決能力を備え、安全な技術を用いて看護の実践に生かすことができる看護職者。
  4. 保健医療チームのなかの一員として、社会資源の活用を調整できるとともに、国際化・情報化へ対応しうる看護職者。
  5. 看護を実践する看護職者としての誇りと責任感をもち、自己の課題を明確にして主体的に学習することができる看護職者。

 

学校紹介

充実した教育環境で、基礎と実践をしっかり学べます。

IMG_3575

フィジカルアセスメントモデル”physiko”

IMG_3674

ネブライザー吸入

本学の教育の基本は、卒後すぐに活躍できる看護師を育てること。そのために居室や風呂など実際の家庭環境を再現した「在宅看護実習室」や、新生児モデルの「バイタルサイン人形」、注射や点滴の技術を学ぶ「血管モデル」など、知識と技術を実践的に身につけられる設備・機材を導入しています。また医療のIT化に対応する「情報処理室」や治療食について理解を深めるための「調理実習室」なども整備。約5,000冊の蔵書を備えた「図書室」に隣接して「閲覧室」があり、読書だけでなく、グループワークやカンファレンスにも利用。パソコンが設置され、インターネットで情報収集も可能です。さらに「視聴覚室」「研究室」などでは、看護の最新知識を深めることができます。

また、学校生活を有意義に過ごしていただくために、スクール カウンセラーを配置し、学校生活をサポートしています。

各種対策講座

ハートランドしぎさん看護専門学校は、看護学校として必要な科目を学ぶだけでなく、国家試験対策の取り組みを1年次からスタート。
ゼミナールや試験対策講座、模擬試験などプラスアルファの取り組みで着実に力を身につけることができます。

看護学校として充実のサポート体制

看護学校で学習するうえで、学力は必要ですが、より良い知識・学習を支えるのは「心と体」です。
本校では、授業だけでなく、さまざまなシーンにおけるサポート体制を充実させています。
学生寮や奨学金制度もありますので、勉強や実習に集中して取り組むことができます。

少人数教育

3年生になると、成績が伸び悩んでいる学生には担当教員がつき一人ひとりの学力などを考慮しながらきめ細やかな指導をします。
ハートランドしぎさん看護専門学校の教員は、勉強だけでなくメンタル面を含めて幅広く指導しています。
学生自身が常に目標を意識できるよう、日常生活も含めてアドバイスするほか、模擬試験の結果を分析して弱点を強化できるような学習をすすめることで、精神力と学力の向上を目指します。

自然に囲まれた環境でありながら、大阪・京都などの主要都市に隣接している奈良の地にあるハートランドしぎさん看護専門学校は、あなたの夢をかなえ、新しいあなたに出会える看護学校です。

学内施設

看護実習室

看護実習室

在宅看護実習室

在宅看護実習室

教室

教室

視聴覚室

視聴覚室

図書閲覧室

図書閲覧室

情報処理室

情報処理室

調理実習室

調理実習室

体育館

体育館

トレーニングルーム

トレーニングルーム

スクール カウンセリング

P1030791

臨床心理士 奥村貴子

アロマでリラックス、気軽に話せる雰囲気に。
学生の大半は感受性豊かな20歳前後。
学校や寮生活、友人関係などで悩みを抱えることもあります。
そこで2週間に1回「スクールカウンセリング」を実施。「ストレスチェック」など面談で解決を図るケースもありますが、普段はぬいぐるみを置いてアロマテラピーを行うなど、リラックスして過ごせる“癒しの空間”として利用してもらっています。
ちょっとした心配事を聞いたり、話し相手になってくれます。