HOME > 学校評価(2017年度)

学校評価(2017年度)

学校評価とは

学校評価とは、ハートランドしぎさん看護専門学校が、学校活動全般について 自己改革を行うとともに、教育の質の向上を図り、学校の設置目的を達成するために行う評価のことです。

学校評価は教育機関としての機能を包括的に判定する学校運営評価と、学生及び教員に よる教育方法と内容の評価である授業評価からなっています。それぞれの評価内容は下図の通りです。

2017年度の取組

2017年8月に第4回学校関係者評価委員会を実施しました。

以下評価コメント(抜粋)

・1年目Nsより3年目Nsの情意領域の評価が減っている。モチベーションアップのために次のような取組みを考えられるとより良い結果につながるかもしれません。

1、やりがいを感じて働いている先輩達との交流の場を設ける。

2、2~3年目で活躍しているスタッフに1日先生のような形で発表の場を設定する。

3、自分達の取組みを学会等で全国に発信する等ハイレベルなゴール設定をして視野を広げていく。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。学校の先生方の日頃のご尽力には本当に頭の下がる思いです。(第三者評価委員)

 

・学校が、このように多くの面から自己評価を行なわれ、自助努力を行われていることに驚きました。私が在学していた頃よりも、とても様々な面で改善されていると感じました。忙しい仕事の合間に、これだけのことを行われているのはすごいことだと思います。(卒業生)

 

・広報の面で、HP等とてもわかりやすく、工夫されていて好印象でした。多くの方に見ていただける機会が増えればいいと思いました。(在籍学生保護者)

 

平成29年度は引き続き重点目標を「教育課程・教育活動」「教職員の育成」「地域との連携」とし、これらの改善に向けた取り組みを行っています。地域ボランティアをはじめ、地域との交流の機会を増やし、地域に根ざした学校づくりに力を入れて活動しています。

 

学校評価における評価結果

学校運営評価レーダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校運営評価の活用

学校運営評価は、学校活動全般について全教員が自己評価し、次年度の改善に活用しています。

学校運営評価総括表

評価内容
学校経営教育課程・教育活動入学・卒業対策学生生活への支援管理運営・財政施設設備教職員の育成広報地域との連携
平均値4.03.74.44.34.13.94.14.23.5

平成28年度 3月実施

平成28年度3月の学校運営評価では、9分野51項目について各5段階評価を行い取り組みの改善を図っています。

平成28年度学校運営評価結果(一部抜粋)

評価項目評価評価の高かった事項
学校経営4.2
  •  学校評価を組織的に(ISOのシステムに基づき)実施し、評価結果を教職員に周知するとともに、改善計画を策定しているか。
  • 特色ある学校づくりを進めるために、教育内容の充実に努めているなど、学校独自のカラーを出しているか。
  • 学校運営及び評価の結果を学校関係者以外に、何らかの方法で公表しているか。
教育課程
教育活動
4.6
  • 実習において、学生が関係したインシデント等を把握・分析しているとともに、改善策を講じているか。
 
入学卒業対策4.8
  • 国試対策に個々の学生にあった指導・援助を実施するなど、教職員一丸となって取り組んでいる。
学生生活への支援4.6
  • 学業に集中できる環境、経済支援がされているか。
  
管理・運営財政4.6
  • 学生・非常勤講師や教職員の個人情報の保護について、考慮している。
施設・設備4.3
  • 学生のために、休息、親睦及び交流等を行うための設備が設けられているか。
教職員の育成4.4
  • 教員の授業を他の教員が参観、講評できる制度があるか。
広報4.5
  • 学校の存在を周知するため、ホームページ・携帯サイトを始めとした積極的な広報活動をしているか。
  
地域との連携4.0
  • 地域との協力関係が確立されている。

授業評価の活用

授業評価は、各授業単元の終わりに学生から回収した授業評価アンケートをもとに授業内容の質等の向上に活用しています。

全授業結果の評価平均 平成27年度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の学校評価