HOME > 在校生・先輩からのメッセージ

在校生・先輩からのメッセージ


共に歩む仲間がいる。

ハートランドしぎさん看護専門学校。
それは「看護師になりたい」という同じ目標を持った仲間たちと共に、
夢に向かって歩き出す場所です。
夢への思い、仲間への思いにあふれた声が、今日も響いています。

在校生からのメッセージ

IMG_351

社会人入学してよかった。自分の成長を日々感じ、充実しています。

2年生 髙山 渉

オープンキャンパスで接した先生方や学生の方々がとても優しく丁寧で、こんな人達のところで学びたいと思えたところが決め手でした。馴染めるか不安もありましたが、他校にはないサークル活動で息抜きをしたり、非常に熱意のある先生方に囲まれて学べて、いつの間にかこの学校が入学時よりもさらに好きになっていました。今後は、現場でも通用するレベルの知識と技術を身につける為、クラスメイトに負けないように努力していきます。

IMG_9218

祖父のような人の助けになりたいという想いからここを選びました。

3年生 谷畑 優也

認知症だった祖父の姿を見て、同じ状況の人を支えたいという想いがあり看護師を目指しました。この学校は精神の事について深く学べることを知り、ぴったりだと思って入学を決めました。まずは学内のテストで高得点を取ることを目標に、そして2年後の国家試験合格に向けて、猛勉強中です。

 

IMG_9172

意見を言うのが苦手だった私が、積極的な自分になれました。

3年生 北野 可奈子

授業ではグループワークが多くあり、協調性が必要となると同時に多くの意見を発現する積極性が求められます。自分の想いを大切さを実感し、以前より積極的になれたと実感しています。

なんといっても「ひとのあったかさ」が魅力のこの学校。先生方はみんな、いつも生徒のことを一番に考えてくれ、とても頼りになりますよ。

IMG_9176

人の心に寄り添える看護師を目指すなら、ここがいい

3年生 速川 咲枝

私は、以前から人の役に立てるような仕事に就きたいと考えていました。看護師になりたいと決めた時、一番重視したのは「人の心を支えたい」という想いでした。精神を深く学べるこの学校なら、自分の目指す看護師に近づけると思い、入学を決めました。社会人入試の為、現役の子とは年齢が離れていますが、そんな私でもすぐになじめるくらい、学校の雰囲気はすごく良いと思います。

 

先輩からのメッセージ

看護副部長 大谷 須美子(ハートランドしぎさん)

自分を成長させるために日々勉強。目標は常に高く。

看護副部長(精神科認定看護師) 大谷 須美子(ハートランドしぎさん)

精神看護は自分自身の内面も磨くことができます。

勤め始めて20年以上が経ちますが、精神看護の専門性をまだまだ追求していきたいと思っています。看護師という仕事は、資格取得後も生涯学習と言われ、学び続ける事が必要とされます。看護師になれたら、ぜひ精神看護に携わってみてください。患者さまへの看護だけでなく、自分自身の内面を見つめ直し、磨くことができる、そんなスキルを身につけることができますよ。

田中 杏奈(上野病院)

「諦めないでよかった」と思える素晴らしい仕事です。

田中 杏奈(上野病院)

寮生活で学んだ礼儀やマナーが役に立っています。

長年の夢だった看護師になってからも失敗して落ち込んだりすることもありますが、毎日何かを吸収しようと思いながら、とても楽しい日々を送っています。また、寮生活で学んだ礼儀や挨拶などの人としてのマナーは、信頼される看護師になるためには不可欠な要素だったと今改めて感じていますね。一番のやりがいは、何と言っても患者さまの笑顔。無事に退院される姿を見られる事が、仕事をしていて良かったと感じる瞬間です。

佐々木 楓(ハートランドしぎさん)

厳しい世界だけど、「本気」で目指してみてほしい。

佐々木 楓(ハートランドしぎさん)

患者さまが少しでも楽になれるように

現場でいろいろな看護に携わっていますが、治療上、回復が難しい患者さまもいます。そういったケースでいかに家族の方や患者さまに残りの時間をいい時間として過ごしていただくか、自分自身架け橋になれたときには大きなやりがいを感じます。この世界は、決して甘くはないけれどそのぶんのやりがいも感じられます。もっと多くの患者さまに寄り添った看護ができるよう、日々努力していきます。

大野 美咲(ハートランドしぎさん)

身体的なことはもちろん、精神面での健康にも目を向ける。

大野 美咲(ハートランドしぎさん)

その人の普段の生活にも目を向けること

内科療養病棟は、どちらかというと一般の病院に近いような環境の職場です。だからこそ学校で学んだ精神面でのケアや、患者さまの気持ちを配慮した医療が提供できるよう日々自分と戦っています。特に、その場だけのケアをするのではなくその患者さまの普段の生活に結びつけた治療やケアを長い目で見て考えることが非常に重要な職場でもあり、さらに相手目線で判断、行動できるよう心がけていきたいと思っています。

門口 栞(上野病院)

患者さまの個性に合わせた看護がしたい。

門口 栞(上野病院)

毎日のコミュニケーションを大切にしています。

私は患者さまとお話することが大好きで、毎日必ず48名全員の患者さまと言葉を交わすようにしています。私の顔を見て「門口さんやんな?」と名前で呼んでくださり、頼りにしていただけているのかなと思うとすごくやりがいを感じます。患者さまそれぞれに症状の変化や個性がちがうので、一人一人に合わせたケアができるよう実践しています。また、患者さまやご家族の方はもちろん、同じ病院で働くスタッフにも同じチームの一員として声かけをしながら動けるように心がけています。